世界 言語 数

Add: runis45 - Date: 2020-12-16 05:13:34 - Views: 4075 - Clicks: 5776

冒頭の文言とは異なりますが、「日本語は語彙が豊富である」と言われることがあります。たしかに、日本語には非常に多くの言葉があります。 ただし語彙の豊富さに関しては、公用語レベルになっている言語に関してはどの言語も同じようなものでしょう。一方で、「一般的な文章を読むために必要な語彙が、日本語の場合は多い」というデータがあります。 『講座 日本語と日本語教育(6)日本語の語彙・意味(上)』で引用されているデータによると、英語とフランス語とスペイン語では最頻5,000語を覚えると、それぞれ文章(ここでは文学作品)の93. 日本語学者の大野晋先生によると、言語系統を見る上で重要なのは、文法や語順、そして基礎語の対応にあるようです。 ちなみに基礎語とは「手」「足」「頭」「山」「ある」「歩く」「見る」のような、おそらくその言葉ができたかなり初期から存在していたと思われる言葉です。 例えるなら、子供が小さいうちに覚えるような言葉ということですが、これらの基礎語はいくつもありますが、実は「万葉集」の時代から言葉が変わっておらず、古代から大きな変化は少ないと考えられます(発音の変化は不明)。 よって、これらの言葉で日本語と同じ意味をあらわす他の国の言葉とを一つずつ摺り合わせて、類似性(対応性)を見ていくのだそうです。 しかしながら、これらの言葉の対応を探した時に、祖先語が同じなら必ず類似性があるはずですが、アイヌ語、朝鮮語(韓国語)、高砂語(台湾)、満州語、モンゴル語のいずれにも類似性が見つからないそうです。また、この研究を困難にする大きな理由は、これらの国では、古代に文字が無かったことが障壁になっているようです。 因みに琉球語については、一般的に日本語の一方言という分類です。 日本語がどこから来たのかは、100年以上前から日本語学者が研究してきたテーマですが、いまだに結論が得られていません。 言語分類上は、広義には日本語はアルタイ諸語(ユーラシア大陸に広く分布)に区分されています。 (参考書籍)日本語の由来を考察している書籍です↓。古代に文字を持たなかった言語同士の基礎語のすり合わせは困難を極めることがわかります。因みに 著者はインド南部のタミル語と日本語との深い関係性を指摘しています。 日本人にとって英語は比較的習得が難しい言語のようです。 それに比べると、中国語、スペイン語、ポルトガル語、トルコ語、ベトナム語などが比較的覚えやすく、更に習得しやすいのが韓国語、インドネシア語、マレーシア語、スワヒリ語となるようです。 そして日本語はどこから来たのかというテーマは、いまだに答えが出ておらず、起源も不明のままの孤立語となっています。今も日本語学者を悩ませる課題の一つのようです。様々な仮説が出ていますが、いつか是非結論を出して欲しいと思います。 <関連記事> www. com』で紹介されていた、世界で最も影響力のある25の言語ランキングを.

データの出典:玉村文郎 編(1989)『講座 日本語と日本語教育(6)日本語の語彙・意味(上)』明治書院、155-157頁. ?)。 一方英語にはbangとかding dongなどの擬音語やオノマトペ由来の単語があったりしますが、日本語よほどは多くない印象です。 日本語のオノマトペは本当に種類が豊富で、多様なニュアンスを表すことができます。しかも、新しく作ることだって可能ときた。 日本語の創造性豊かなオノマトペが、日本語の「語彙数」の多さに貢献していることは間違いないかと思います。 <記事は広告の後にも続きます>. 世界に言語はいくつあるか? 論者によって3,000という数から10,000という数まで様々で,一定しない.だが,複数の論者の平均値としてもっともよく耳にする数が,6,000前後である.. あと、「語彙数」という表現が散見されますが、これ変です。「語彙量」か「単語数」と言いかえましょう。語彙=単語じゃないですよ。 ◆当ブログの人気記事◇ 1. See full list on shoko-ranking. 8 フランス語 2億7200万人 (母語話者:8000万人 世界 言語 数 第二言語話者:1億9200万人) 1. 最後におまけとして、将来の年には順位が変動するのか?という疑問にも答えていきたいと思います。中国語の需要がいつか英語を上回ってしまうのではないか?と考える人もいるかも知れません。先程と同様に「World Economic Forum」がその予測をPLI(Power Language Index)に基づいて発表しているので、ご紹介します。順位に変動があった言語のフォントは黒字表示。また、各言語のポイント数に上下があれば↑↓のように矢印で表しておきます。 1.

一番左にある幹は「支那コーカシアン」です。幹の上方にある最も大きな葉が「マンダリン(北方語)」で、数ある中国語の方言の一種で北京語(=標準語)を示しております。同じ幹からは、タイ語も分岐しています。 真ん中少し右に伸びている最も大きな幹は、「印欧語」です。上部の葉には、英語、スペイン語、ロシア語、ベンガル語、ヒンドゥー語などが見えます。根元の方の分岐から、アラブ語やタミル語、アルタイ語などの言語が派生しています。 一番右の幹は「オーストリック語」でマレー語、ジャワ語、タガログ語、ベトナム語などの系統になっています。. いかがでしたか?今回は「最もパワフルな世界言語ランキング」を3つのデータからご紹介しました。改めて英語の重要性・必要性というものを痛感したり、様々な言語への新しい発見もあったのではないでしょうか。 どの外国語を学ぶべきか悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。またフィリピン留学情報館ではオリジナルの留学プログラムを提供しています。今後フィリピン留学を検討されている方はお気軽にご連絡ください!. フィンランド語は世界一難しい言語か否か? 3.

以上、「日本語の語彙数が多い」という主張に対する考えれられる理由をあげてみました。 ただ言語の単語数を数えることは、非常に大きな問題をはらみます。 それが「『単語』とは何か」についての基準です。何をもって単語とするかは、思っているより遥かに難しいのです。 「です」や「ます」はそれぞれ1単語なのでしょうか? ならば「食べていらっしゃったらしいから」はいくつの単語からなるのでしょう? 多義語に関しても同様です。特に日本語では、発音やひらがな表記が同じでも、意味やニュアンスが違えば漢字表記が異なるという例もあります(「作る」「造る」など)。 こういった単語を同一単語とみなすか、はたまた別の単語ととらえるのかは、非常に難しい問題なのです。 以上の理由から、「日本語は語彙数が多い」という言説は慎重に考えなければならないと思います。 そんなこんなで色々と御託を並べました。お楽しみいただけていれば幸いです。. オノマトペ(onomatopeia)とは擬音語や擬態語の事。 擬音語は「バタン」とか「カタカタ」「ざあざあ」など音を言葉であらわしたもので、擬態語は「くねくね」「きらきら」「うるうる」など、音というよりはようすをあらわしたもの。 私達日本人は、オノマトペを日常会話でものものすごく頻繁に使っていますよね。 その日本語のオノマトペは実に多様。「滔々」「燦燦」「錚々」など漢字を当てられているものから、「ふわふわ」「ころころ」「わちゃわちゃ」などひらがなのみで書かれるのものも。 「ころころ」と「ごろごろ」、「さらさら」と「ざらざら」など清音か濁音かでニュアンスが変わったりもします(カタカナにしても変わる. 6 マレー語 2億8100万人 (母語話者:7700万人 第二言語話者:2億400万人) 1. . More. 1 中国語 10億5100万人 (母語話者:8億9900万人 第二言語話者:1億7800人) 1.

世界の言語の数って知ってる? 3. 7%に留まるそう。 つまり「日本語は語彙が豊富だ」というのはおそらく「日本語を母語としない人が、日本語の文章をある程度理解できるようになるのに必要な語彙量が多い」ということになりそうです。 たしかにそれは「日本語の語彙は豊富である」とも言えますが、一方で「ある程度を文章を読むだけでも相当量の語彙が必要な効率悪い言語」ということにもなりそうです。 では、どうして日本語を話すにはより多くの語彙が必要になるのか、理由をいくつか挙げてみました。ただしここに挙げた理由は全てが科学的根拠に基づくものではないので、話半分に読んでいただけたらと思います。 1. 言語ランキングtop5【習得難易度】 8. · 非営利のキリスト教系の少数言語研究団体である国際SILが公開しているウェブサイト Ethnologue (エスノローグ)の『Ethnologue, 21st edition(第21版)』によると、現在使われていることが確認されているのは世界で7097言語。これほど多くの数の言語が存在していることは驚きですが、グローバル化や. 世界で最も話者の少ない10の言語 − from Wolfestone Blog. 2 英語 8億4000万人 (母語話者:3億3000万人 第二言語話者:5億1000万人) 1. 世界で最も話者の多い10の言語は何でしょう? この質問にもし母語話者の数で答えるなら、答えは次のようなリストになるでしょう。.

5 アラビア語 4億2200万人 (母語話者:2億9000万人 第二言語話者:1億3200万人) やはり、話者数となると中国語が1位ですね。また今後も人口が増えると予測されているので、おそらく人口数でいったら1位をきっと独占し続けると思います。2位は世界共通語とも呼べる英語がランクインです。 母語話者の少なさに驚かれる方もいるのではないでしょうか? 世界 言語 数 3位はラテンアメリカで国際語となっているスペイン語がランクインをしました。スペイン語はほとんどの中南米で通じるグローバルな言語です。4位と5位は近年需要が上がってきているヒンドゥー語とアラビア語です。 インドは人口が多いことでも知られていますが、多民族や様々な宗教から派生する超多言語国家です。 1. 今世界に存在するおよそ6000の言語のうち、2500もが消滅の危機にさらされているというのだ。 生物の絶滅危惧種の連想でいうと、まさに絶滅危惧言語である。. 2 中国語 11億人 3. こうしたさまざまな要因のため、専門家の間でも世界の言語数は一致していません。 多く言うものは8,000、少なく言うものは3,000、 No. 年に「World Economic Forum」が発表した”The most powerful languages in the world”というデータがあります。これは「①地理力 ②経済力 ③コミュケーション力 ④知識&メディア力 ⑤外交力」の5つの項目から世界で最強の言語を数値化しランキングにしたものです。. 現在、世界には約3千~7千の言語が使用 されていると言われています。その中には、億単位の人々に使用されているものから、絶滅寸前の言語まで、様々な言語が混在しています。. 3000~8000とされているが、正確に数えることは不可能 専門家によってさまざまな説がありますが、いま3000から8000ぐらいの言語が世界にあるといわれています。数に幅がある理由は、なにをもって1つの言語とみなすかについて意見の違いがあ. 9 ポルトガル語 2億6200万人 (母語話者:2億3000万人 第二言語話者:3200万人) 1.

言語ランキングtop5【母語人口】 5. 3 ヒンドゥー語 6億5000万人 4. 4 ヒンドゥー語 4億9000万人 世界 言語 数 (母語話者:3億7000万人 第二言語話者:1億万人) 1. フィンランド語の雪を表す11種類の単語 Header Image by DoriyaKiz/ Pixabay. 9 ベンガル語 2億3300万人 10.

7 ロシア語 2億7500万人 (母語話者:1億6000万人 第二言語話者:1億1500万人) 1. 日本語の単語は、語源によっていくつかの種類に分けられます。 和語は古来の日本語に由来していることば。ひらがなで書かれることが多いですが、漢字を使う場合は訓読みがされます。 漢語は中国語由来の言葉で、漢字で書かれることが多いもの。主に音読みが使われますね。 外来語は、それ以外の外国語から入ってきた単語。英語やドイツ語などのヨーロッパの言葉から入ってきた「カタカナ語」が代表的ですが、「金平糖」など漢字で書かれるものもあります(厳密にいえば漢語も外来語だけど、漢語を日本語とみなさない人はいないでしょうね)。 日本語の語彙はこの3種に大きく分けることができますが、ある程度オーバーラップがあります。つまり同じ意味でも語源が異なる単語があるということ。 例えば「速さ」「速度」「スピード」がそうですね。この3つの単語は意味こそ同じですが、ニュアンスや使われる状況、携帯論的なルールなどが微妙に異なったりしています。 他にも「気持ち」「感情」「フィーリング」など、日本語にはこの手の意味が重複した単語が多く見られます。 日本語にはもともと漢語があるうえに昨今では英語由来のカタカナ語が大量に生まれているので、これも日本語の「語彙数」を押し上げているものと考えられます。. 本題の前に確認しておきたいことは、本記事の趣旨は、最も学ぶ価値がある言語トップ10を紹介することです。母語話者数や使用頻度率だけの表面的な情報にとらわれず、様々な基準でクリアした最もパワフルな言語を導きだします。 しかし、世界言語ランキングに関する情報や記事は多く出回っていますが「問題点として、その順位が不安定」であることが多いのも事実です。その理由は、情報源にタイムラグがあったり、順位を決める基準が異なることにあります。 最も大切なことは、それぞれの情報を正しく整理して理解することです。例えば、学習言語として人気な英語やフランス語の場合、母語話者数だけをカウントしたならばその順位は下がってしまいます。 なぜなら、この両言語は母語話者数よりも第二言語や公用語として使用されている割合の方が圧倒的に多いので、母語話者数だけで他の言葉と比べてしまっては不利になります。中国語の母語話者は約10億人に達するので敵いませんよね。 何が言いたいかというと、そのような統一性のない情報源のせいで読み手が混乱してしまい、結局どの言語・言葉に最も学ぶ価値があるかという疑問を解決できなくなってしまうということです。 ですので、本記事では3つのデータを用います。1つめのデータは母語話者・第二言語話者のランキング、2つめは世界でよく使用される言語ランキング、そして最後に最もパワフルな言語トップ10をご紹介します。. 現在、世界の言語の百科事典といわれているEthnologueによると、世界中では現在7,099の言語が話されています。 膨大な数の言語数ですが、驚くことに世界には70億人もの人口がいるのに、半分以上の人々はたった23の言語しか話していません。. ある学者の見積もりによれば、世界の6760の言語のうち269語の話し手の数 の合計で世界の人口の96%になるとのことである。つまり、残りの大部分の 言語はその話し手の数を合計しても世界の人口の一割にも満たない。. . こちらの表は年版「Ethnologue」による母国語と第二言語話者数のランキングです。若干古いデータのものが入ってたり、新しいデータのものが混ざっているので、あくまで参考にして下さい。話者数の変動は激しいです。国民の総人口に直接影響を受けるので、その点に注意をしてください。また、この数字には言語習得者の数が含まれていません。 1.

トップ > 政策・審議会 > 審議会情報 > 中央教育審議会 > 初等中等教育分科会 > 教育課程部会 > 資料2‐2 小学校における英語教育についての審議に関する参考資料 > (1)世界の母語人口(上位20言語). 現在世界に存在する言語の数は千数百とも数千とも言われる。1939年にアメリカのl・h・グレイは2796言語と唱え、1979年にドイツのマイヤーが4200から5600言語と唱えており、三省堂の言語学大辞典・世界言語編では8000超の言語を扱っている 。. 突然ですが世界でどれくらいの言語数が存在するか分かりますか?この地球には約200か国ほどありますが「言葉の数も国の数と同じくらいでしょ」と思っている方がいたら、かなりのショックを受けることでしょう。 年版のEthnologueによるとなんとその数は7097言語だそうです。 とんでもない数字で想像し難いですが、それほどの言葉が世界で使用されているんですね。ところがそのうちの約言語は1000人以下の話者しかいなかったり、主要言語に移行することによって少数派の言葉が失われつつあります。 実のところ、多くの学者は3000を超える言語が次世代にはなくなってしまうと予測しています。 ますます近代化が進んでいる昨今では、マイノリティ派の話者がより使用されている主要言語へと移行しています。例えば、英語・中国語・スペイン語などの言葉は、世界でよく使用されている言語比率を大幅に占めています。 反対に、少数民族や小国で使用されているような言語の話者比率は圧倒的に低いですよね。 さらに、グローバル化が進む現代では当たり前のように海外に旅行ができ、ネット上などで各国の人々と簡単に交流ができるようになりました。言語・言葉は多様な文化や人々を結ぶツールとしての役割を果たします。. あなたが学びたい言語は何位? 世界で多く使われている言語ランキング. 世界で2680の先住民族言語が消滅の危機に 国連プロジェクト始まる 年2月2日 17:19 発信地:国連本部/米国 米国 北米 このニュースをシェア.

10 ベンガル語 2億4500万人 (母語話者:2億2600万人 第二言語話者:1900万人) 「7位ロシア語」と「8位フランス語」の上にランクインしたのはなんと「6位のマレー語」です。個人的には意外でし. 4 スペイン語 4億万人 5. 日本語は非常に複雑な敬語体系を持つ言語です。 「です」「ます」を語尾につける丁寧語に始まり、美化語や、尊敬語と謙譲語があります。 「食べる」一つとっても「お食べになる」「召し上がる」「いただく」「頂戴する」と4つの形があります。 それに「会社」も、あなたの会社か私の会社化で「貴社」「御社」「弊社」「当社」(これは敬語ではないですが)があります。探せば、同様の例はいくらでも出てくるはず。 敬語に限らずこういった単語は、日常生活(主にビジネス)でも非常によく使う言葉。 こういうことを鑑みると、日本語で「日常会話を理解する」のには多くの語彙が必要というのもさもありなんと思えますね。 <記事は広告の後にも続きます>. 世界に存在する7000もの言語のうち、10の主要言語をネイティブで話す人の数は世界人口の40%近くにも昇るとしています。 人型のイラストは1つの言語を表し、上から下にいくほど人のサイズが大きくなり、話者数が多くなっていきます。. 世界には英語、中国語、日本語、フランス語、スペイン語. 【270語+】ネーミングに使える!フィンランド語のかわいい単語集+α 世界 言語 数 2.

110 ↓ 1位は不動の英語でした。ポイントは微妙に下がったものの2位の中国語と比べてもまだ大差があります。しかし、中国語のポイントは前回の「0. 現在世界に存在する言語の数は千数百とも数千とも言われる。 1939年 にアメリカのL・H・グレイは2796言語と唱え、 1979年 にドイツのマイヤーが4200から5600言語と唱えており、 三省堂 の 言語学大辞典 ・世界言語編では8000超の言語を扱っている 12 。. 世界の言語の数を正確に知ることはできないが、米国中央情報局の統計では、世界には最低でも7,102言語存在しているとされている。 そのなかで言語数が最も多いのはアジアで、2,301言語。�. 世界には3000から7000以上の言語があるとされています。数ある言語の中で、世界で1番話されている言語は何語なのでしょうか?またどのくらいの話者がいるのでしょうか? この記事では、世界で使われている言語をランキング形式で紹介します。. Accordingで話言語でいくつかの重要な統計情報を提供します。この記事では、言語の数は、の範囲3000に7000専門家の大半はおよその数字に同意、 6000言語 。. 7 ロシア語 2億7500万人 8. 世界の言語をランキング形式で見てみよう; 2. 言語ランキングtop5【影響力】 7.

6 アラビア語 3億人 7. See full 世界 言語 数 list on linnameigetz. 515」へとスコアを上げています。 前回4位のスペイン語が3位に浮上し、5位のアラビア語は順位こそ変わらなかったものの、ポイントの上昇率は大きいです。残念ながら日本語は8位から10位へとランキングを落としました。年だとやはり人口がかなり減っていますね. whitebear / その他の言語 / 3 Comments. 10 ドイツ語 1億8500万人 世界で最も使用されている言語はやはり英語でした。バイリンガルなどの多言語習得者なら大体英語は話せるというイメージもありますよね。 もしこのデータが正しければ、世界の総人口が約70億だとして、英語が話せれば地球にいる約20%の人達と繋がれるという解釈ができます。 ここで、注目すべきポイントは母語話者と第二言語話者の比率でしょう。第二言語話者の割合が多い言葉は比較的に国際言語として役立ちます。 反対に母語話者の比率が大きい言語はその特定の国内で重宝されることを示していると考えられます。その例にまさしく当てはまる日本語は11位にランクインしています。 ここまで2つのデータ・統計を見てきましたが、残念ながら集計の一致は難しいと感じました。この記事を書く前に、英語で書かれた多くの情報や記事をリサーチしましたが、どれもばらばらの集計や数字を出していました。 特に今回のトピックのような大規模な数字をまとめるのは相当難しいことだと思います。むしろ物理的に、正確な数字を出すことやそれを統一することは不可能であるという一説も海外の記事で見つけました。 なぜなら、世界の人口は刻々と変わっていて、それに付随する言語や文化情勢も常に変化しているからです。しかし、今回の本題にまつわるあらゆる情報を探していた時に、興味深いランキングと出会ったんですよね。 それは世界で最もパワフルな言語を数値化にしたもので、5つの基準から各言語を点数化してランキング形式にされていました。つまり、このデータ.

下の表はインターネット上で使われている言語と過去17年の成長率、シェア、世界人口を示しています。 世界人口が、年3月現在で75億人に対して、インターネット人口はその50%の約37億3,000万人存在します。. 本書は,世界各国の人口,経済,社会,文化などの実情や世界における 我が国の位置付けを知るための参考となる様々な統計を簡潔に編集した ものです。 国際連合などの国際機関では,各国に対して定期的に統計データの報告. 2さんの挙げられた5,000というのが大多数意見です。 なお、参考サイトには世界の7,299の言語についての詳細があります。. 【世界には何ヶ国語あるのか】Ethnologue (エスノローグ) という言語研究雑誌によると現在、世界には7097ヶ国語存在する。そしてそのうち「公用語」として話されている数が多いのは、 ・英語 (59ヶ国)・フランス語 (29ヶ国)・アラビア語 (27ヶ国)・スペイン語 (20ヶ国)・ポルトガル語 (10ヶ国) 中には. 言語の影響力って何? 4.

5 フランス語 3億7000万人 6. by Transition Network 世界には少なくとも7102の言語が存在すると言われていますが、5000. 世界には膨大な数の言語がある。一体いくつあるとお思いだろうか? 実は、方言なのか別言語なのか、その判別が簡単ではない。スペイン語とポルトガル語はおおよそ通じるし、スウェーデン語とデンマーク語も互いに意味が大体わかる。. 今回は言語についての記事です。 ・言語の話者数集計は難しい 世界 言語 数 世界で最も話者数の多い母語ランキング ・母語者数は中国語が首位 ・英語を第二言語/外国語として使用している人口ランキング ・世界で最も影響力のある言語ランキングtop10 ・インターネット上の使用言語ランキング(). 言語系統図を見ていくと、ヨーロッパの言語はすべて元をたどると同じなのに対し、系統図上で印欧語の幹の右隣に位置する日本語は、根元の無い幹から派生しています。 世界 言語 数 これは元となっている言語の系統が不明であるということです。興味深いことに隣の韓国語も同様です。 そして、意外なことに人種的にも近く、漢字の輸入元となっている隣りの中国語も、漢字・漢語から受けた影響は非常に強いものの、文法が全く違い、言語の系統としては異なっているようです。 なぜ単語の共通が多くても、文法が違うと言語の系統が異なると言えるのかというと、例えば将来、日本語の中にどんどんカタカナ語が入ってきて、外来語比率がものすごく増えたとしても、日本語の語順までは変わらないことは想像できると思います。 おそらく古代の日本で中国から言葉がたくさん入ってきても、これと同じ状況だったと考えられます。それだけ変わりにくいのが語順・文法で、言語系統を考えるのに、特に重要になるそうです。.

「The most spoken languages world wide」という表題から持ってきた統計です。引用元は1万8000以上の情報ソースを所持する「Statista」からです(最終閲覧日)。世界で最も話されている言語ランキングをトップ10までご紹介します。母語話者・第二言語話者・言語習得者の全てを合わせた数字です。 1. など約3000~5000以上の言語があるといわれています。 今回はその中でも最も使われている言語についてご紹介します!.

世界 言語 数

email: [email protected] - phone:(143) 385-9554 x 1771

大東 文化 大学 一般 入試 -

-> I love snoopy
-> うち の ホンカン

世界 言語 数 -


Sitemap 5

職業 的 懐疑 心 - クローバー